小説家は眠らない

くだらない大学生男子がオタクチックなことをうだうだ書いていく、予定。

隻腕の剣士の刃。盲目の剣士の刃。二人の男の生き様「シグルイ」

今回はチャンピオンREDの漫画、シグルイを紹介したいと思います。

 

 

 あらすじ

寛永6年9月24日、駿府城内で御前試合が行われることとなった。御前試合は、慣例として木剣を使用することになっているが、周囲が諌めたにもかかわらず、駿河大納言・徳川忠長の 命により、今回は真剣を用いることが決定され、剣士達による凄惨な殺し合いが幕を開ける。その第一試合、隻腕の剣士・藤木源之助の前に現れた相手は、盲 目・跛足の剣士、伊良子清玄だった。まともな試合ができるかどうか危ぶむ周囲の心配をよそに、伊良子は奇妙な構えを取る。刀を杖のように地面に突き刺して 足の指で挟み、体を横に大きくのけ反らせるように捻るという構えに群衆が唖然とする中、対する藤木はまったく動じることなく刀を抜き放ち大きく構える。両 剣士には浅からぬ因縁があった。

 

 

 

作画は「覚悟のススメ」の作者、山口貴由先生。原作は残酷ブームの先駆け、南條範夫先生。元々この作品は「駿河城御前試合」という小説の第一試合の話です。この小説はほかにも剣士同士の試合が十一試合あり、漫画と大まかな展開こそ同じものの、話自体はそんなに長くありません。小説では漫画の続きの話がありますが、原作を読んでいなくとも楽しめます。むしろ原作は読まなくてもいいという人も結構いますね。私はどちらかと言うと原作も読んでみたほうがいいとは思いますが。

 

感想

一言で言えばこの漫画、残酷な話です。いや、もちろんグロテスクなシーンが多いのも確かなのですが、それ以上に話の展開が救いがない。もう少し誰かが違った行動をしていれば救いが生まれたのではないか、と思わざるを得ません。

 

救いがなく、残酷で、無残極まる。こう書いてしまえばなんだか読むのに気後れしてしまいそうですが、それを踏まえてもとても面白い漫画です。時代劇ということですが、あまり歴史的な漫画は好きではないという方でも大いに楽しめる漫画でしょう。

 

というのも、この漫画に出てくる剣士達というのがどいつもこいつもイカれた連中ばかりだからです。具体的な例を挙げてみますと、御前試合に立った隻腕の剣士、藤木源之助の構え方がこちら。

 

f:id:hayakawa0ryo:20150502111518j:plain

 

 

 

続いて盲目の剣士、伊良子清玄の構え方がこちら。

f:id:hayakawa0ryo:20150502111555j:plain

 

 

二人の構えを見て分かる通り、真っ当な剣術の漫画ではありません。むしろとんでもなくぶっ飛んだ剣の漫画だということがすぐ分かるでしょう。頭おかしいと思うかもしれませんが、私はその言葉はこの漫画にとって褒め言葉だと思います。

 

浅からぬ因縁によって二人の男は殺し合いの場、御前試合に立つわけですがこの物語は二人がいかにして御前試合に臨むことになったのかが描かれています。一巻の冒頭にいきなりクライマックスを載せておいて、どうしてこうなったのかをどんどんと追っていく漫画形式ですね。読者に最初から驚きを与える方法ではありますが、デメリットとしてはああ、この二人は最後まで生き残るんだな……と読者に感じさせるので、好みが分かれるかもしれません。

 

 ただそれを差し引いても、物語の構成は上手いと思います。なんとなくクライマックスが予想できるものの、それまでの過程はどうなっていくのだろうと読者に期待を持たせる展開は読んでいて興奮を覚えました。加えて登場人物がほぼ全てめちゃくちゃ個性が強い者ばかりなので楽しみながら読むことができます。何人か紹介すると

 

  • 額に載せた小豆を己の刀捌きで四等分にできる師匠
  • 木刀で人を寸断できる師範代
  • 江戸時代だと言うのに西洋の剣を使う坊主

 

等々。まともな剣術の漫画ではありません。話の雰囲気はものすごく真面目に剣での勝負を描いているのに、冷静に考えてみたらとんでもないことをやっている漫画です。無論、それがこの漫画の魅力ではあるのですが。

 

この物語は御前試合にて戦う隻腕の剣士、藤木源之助の視点から話が進行します。彼がなぜ御前試合に立つことになったのか、そして隻腕になった理由はなぜなのかというのが物語を追うことによって分かります。この藤木源之助という男は口数が少なく、それゆえに数奇な運命を辿ることになるのですが、この男が主人公でなければここまで完成された物語は成立しなかったでしょう。

 

ひたすらに強さと地位を求める姿は、常人には理解し難い。しかしその在り方は美しささえ感じられる。そういった生き様は見ていて心地よいものです。

 

御前試合にて対する伊良子清玄も負けてはいません。極貧に生まれ育った男だからこそ、何よりも上を目指そうとする。

 

隻腕の剣士の刃は骨を断つことが出来るのか。盲目の剣士の刃は対手に触れることが出来るのか。その問いに対して、物語ではこのように語られています。

 

f:id:hayakawa0ryo:20150502114722j:plain

 

不屈の精神を持った剣士にあっては、自己に与えられた過酷な運命こそ、かえってその若い闘魂を揺さぶりついには…

 

 

 作中では二人の剣を見た男によってこうした言葉で評されています。

 

決して救われる話ではなく、残酷でしかない物語ですが、読み終えた後、きっと貴方はなんとも言えない読了感に満たされるでしょう。普通の剣の漫画に飽きた方にこそこの漫画はおすすめです。