小説家は眠らない

くだらない大学生男子がオタクチックなことをうだうだ書いていく、予定。

貴方が子供の頃食べていた物がきっと出てくるはず「だがしかし」

現在週刊少年サンデーで絶賛連載中の駄菓子漫画。単行本発売の翌日に重版しており、今勢いに乗っているお菓子の漫画です。

 

 

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

 

 あらすじ

とある半島の海沿いにある田舎町に住む鹿田ココノツは、漫画家を夢見る少年。しかし、ココノツの父鹿田ヨウは実家の駄菓子屋、シカダ駄菓子を息子のココノツに継がせようとする。継ぎたくないココノツの前にある日、都会からやってきた駄菓子マニアの女の子、枝垂ほたるが現れ、あらゆる手段でココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘する。

 

 

 

今一番推している漫画はなんですかと聞かれたら、多分私はこの漫画を紹介するくらいハマっています。作者はコトヤマ先生。以前はコトというペンネームで活動されていたそうです。

 

感想

子供の頃に、おそらく誰もが一度は駄菓子屋に入ったことがあると思います。三百円を握りしめて遠足のおやつを買いに行ったあの日。少し高くても味が美味しいお菓子を買うか、大して美味しくはないけれど、値段が安い駄菓子を買うか迷った経験はないでしょうか。

 

そういった子供の頃の甘い記憶を呼び戻してくれるのがこの漫画「だがしかし」です。

 

内容は至極簡単で、主人公のココノツ君と、駄菓子マニアの女の子ほたるちゃんが一緒に駄菓子を食べる、といったのが主な内容になります。ほかにもちょくちょくキャラクターが出てきますが、基本はこの二人ですね。

 

一話8ページという短さですが、短編を読んでいるようでなかなか面白いです。短いぶん、サクサク進んでいくので飽きないですね。

 

ですが、この漫画の一番の魅力は物語のテンポの良さではありません。無論漫画を読むにあたってサクサク進んでいくのは大きなアドバンテージとなりますが、それがこの漫画の一番の魅力と問われると、答えは否ですね。

 

ではこの漫画の良い所は何か?

 

それは女の子が可愛いことです!

 

f:id:hayakawa0ryo:20150902222723j:plain

 

この妙にエッチな女の子が「だがしかし」のヒロイン「枝垂ほたる」ちゃんです。

 

ほたるちゃんが一生懸命駄菓子の魅力を伝えてくれるので、分かりやすく、そして楽しく漫画を読めるわけです。べ、別にエッチな目的で読んでるわけじゃないんだからねっ!

 

まあぶっちゃけて言うと、妙にエロティックな作風もそれはそれで大きな魅力の一つと言えますが。エロい漫画では一切ないのに、所々そういう描写があるのは、狙っているのでしょう。

 

とはいえエロだけがこの漫画を支配しているかというと、そうではなく、きちんと駄菓子に触れて、その駄菓子について一話一話盛り上がっています。あ、これ食べたことあるなあ、という共感が得られるのは「だがしかし」の良い所です。

 

f:id:hayakawa0ryo:20150902223514j:plain

 

私はこのブタメンが幼い頃憧れでした。駄菓子屋に行く時に持っている所持金はせいぜい百円か二百円。そのうちの七十円を一つのお菓子に出してしまうことへのダメージは、小学生の私にとって計り知れないものでしたね。

 

今でこそ七十円なんていう金額は気軽に出せますが、当時の私は大いに悩んだものです。

 

そういうことの共感ができるこの漫画は、読んでいて懐かしい気持ちになります。そういえばそんなこと思ってた、なんていう気持ちが沸々と生まれて、楽しいですよ。

 

また、ほたるちゃんが美味しそうに駄菓子を食べるのがたまりません。

 

f:id:hayakawa0ryo:20150902224159j:plain

 

毎話ほたるちゃんが美味しそうに駄菓子を食べるものですから、自分も食べたくなりますね。特にコンビニで売っている駄菓子なら尚更欲しくなります。

 

しかし一つ思うのは、別に駄菓子ってものすごく美味しいものって少ないということです。

 

駄菓子は値段相応というか、別に繰り返し食べたいもんでもねえな、という物が多い印象です。そりゃあたまに食べることはありますが、自分から好んで買うものでもないような気がしますね。こういうのを買うより、普通にポテトチップスとか、そういうお菓子を買います。

 

そういった考えを覆してくれるのが「だがしかし」というわけですね。

 

美味しそうにうまい棒やポテトフライ食べるのだもの。そりゃ買いに行きたくなるわ。特別好きでも何でもないけど、買っちゃうわ。

 

懐かしさに浸れて、漫画の登場人物と一緒の物を食べられるというのは、なかなか面白いです。共感しながら駄菓子を食べるのは乙なものですよ。

 

そして忘れてはならないのが、ほたるちゃんのほかにも女の子は登場します。

 

f:id:hayakawa0ryo:20150902225258j:plain

 

ココノツの幼馴染「遠藤サヤ」ちゃん。ナイムネですが、足がセクシー。基本的に突っ込みの役割を担う女の子ですが、ツンデレで、ココノツことが好きな可愛い子です。サヤちゃんが出てくる回はどれも面白いので、おすすめです。特にほたるちゃんとサヤちゃんが初めて出会う回は必見ですね。

 

 

このように可愛い女の子が駄菓子を紹介してくれる漫画「だがしかし」はとても良いです。懐かしく、笑えて、女の子に萌える漫画なので、ぜひ一度読んでみてください。