小説家は眠らない

くだらない大学生男子がオタクチックなことをうだうだ書いていく、予定。

オタクの在り方、変わり方

オタクを自称して十年くらい経過している私ですが、そもそもオタクとはなんぞや、と思いまして、記事にしてみようかな、と考えました。

現在21歳、今年で22歳になる大学生の私ですが、中学生や高校生のオタクの人達とは多少思考に差があるでしょうし、同年代の人とも趣味は異なったりします。私よりも年上のオタクの方々とは考えが全く違うと思います。

そんなことを今回は記事にしようかと。

 

続きを読む

B級映画に愛を込めて

再開一発目から変なテーマです。

 

Twitterで少しB級映画の話題に触れたので、今回はこれをテーマにブログを書いていこうと思います。最初に言っておくと、私は映画好きではありますが、映画マニアというほど映画を見ておりませんので、あしからず。つまり変なことや間違っていることも言うと思います。

続きを読む

始動、そして……

大学二年生の時、そういえばブログをやっていたのをふと思い出しました。

やろう、やろうと思っていたのですが、結局今まで再開していませんでしたね。レビューブログの形を取っていたということもあり、別にレビューするのなんて面倒だ、と投げ出していた部分も多々ありますが。

 

久し振りにブログを覗き、Twitterでは長文になりそうだから書けないことをこのブログで書いてみようかな、と最近思いました。そして再開しようと重い腰を上げた次第です。

 

いつまで続くか分かりませんが、ちょこちょこ書いていこうと思いますので、よろしくお願いします。

貴方が子供の頃食べていた物がきっと出てくるはず「だがしかし」

現在週刊少年サンデーで絶賛連載中の駄菓子漫画。単行本発売の翌日に重版しており、今勢いに乗っているお菓子の漫画です。

 

 

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

 

 あらすじ

とある半島の海沿いにある田舎町に住む鹿田ココノツは、漫画家を夢見る少年。しかし、ココノツの父鹿田ヨウは実家の駄菓子屋、シカダ駄菓子を息子のココノツに継がせようとする。継ぎたくないココノツの前にある日、都会からやってきた駄菓子マニアの女の子、枝垂ほたるが現れ、あらゆる手段でココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘する。

 

続きを読む

そうしろと囁くのよ、私のゴーストが「攻殻機動隊」


様々な派生作品がある、サイバーパンクに大いに影響を与えた歴史的傑作。日本のみならず世界中から高い評価を受けています。個人的に漫画の世界観が一番ワクワクしますね。

 

 

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

 

 あらすじ

時は21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ義体化)技術が発展、普及した。結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイドバイオロイドが混在する社会の中で、テロ暗殺汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。

 

続きを読む

突き抜ける戦闘。技を極めた忍者達。「バジリスク」

短いながらも、迫力ある戦闘と次々に繰り広げられる展開に惹きつけられる作品。日本版ロミオとジュリエットと言えばそうかもしれません。

 

 

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 あらすじ

甲賀卍谷と伊賀鍔隠れに潜む一族は、ともに服部半蔵に率いられる忍者群同士でありながら、源平の昔より数百年、互いに憎悪を抱く不倶戴天の敵同士でもあった。服部の統制下、両門争闘の禁制によりかろうじて和平を保っていた。そのような中、甲賀組の首領甲賀弾正の孫弦之介と伊賀組の頭目お幻の孫娘は恋仲にあり、両家の縁組がすめば長きに亘った甲賀と伊賀の確執も解けるかと思われた。

そんな事情を知ってか知らずか、慶長19年4月末両首領駿府城に呼び出した徳川家康と半蔵(二代目)が甲賀・伊賀の忍びに与えた使命は実に戦慄すべきものであった。

 

続きを読む

独りで黙々と食べる飯ほど幸福を感じる瞬間はない「孤独のグルメ」

ただご飯を食べるだけの漫画。それ以上でもそれ以下でもないのですが、妙に魅力がある。そんな漫画です。

 

 

孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

 

  あらすじ

個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。また、出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。

 

続きを読む